--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  良かったら「ポチ!」してね★   
にほんブログ村 子育てブログ 2014年4月~15年3月生まれの子へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサー広告
2015/09/01.Tue

嬉しい夜のサイクル & 臍ヘルニア(でべそ)

ずいぶん久しぶりの日記になってしまいましたが、
Rioは先日、生後10ヶ月を迎え、元気です
わたしも元気です


CIMG1144.jpg


最近(ここ1週間くらい前から)、Rioが夜しっかり寝てくれるようになって、
今まで夜は3回くらい「立って、抱っこして、ベッドに置いて」ってしてたのが、
朝まで1度もそれをしなくていいように。

ぐずりはじめたときに、ベッドに寝たままギュッと抱きしめると、
すぐにそのまま寝ることが判明
抱き枕を抱きしめるような感じで、体を横向きにして、
腕枕をしつつ、もう片方の手で背中をぎゅっ。
温もりなのか、匂いなのか、安心するようで、
あっという間に動かなくなって、眠ります

立って抱っこするより、こっちもすごく楽
少し前までは有効じゃなかったはずのこの手段。
こどもは常に成長してる、ってことだよねー

ちなみに、夜の授乳はその1週間くらい前からやめてました。
授乳は1日3回。
朝起きたとき(6時すぎ)、
お昼の離乳食後(12時すぎ)、
寝る前(21時すぎ)。

離乳食をいっぱい食べてるから、
お昼の授乳もいらないのかもしれないな、とも思うんだけどね~
季節柄、水分補給はしっかりして欲しいし、
麦茶は1日で100cc飲み干すものの、
まだまだストローで飲むのがへたっぴで、
結構な量をこぼしてるし、ってことで、あげてます。

でも、3回にした頃から胸の張りが
(わたしは「張って痛い」って経験はほとんどないですが)
急に少なくなって、気にならなくなってきた感じがする。
時間は6時間~9時間空くのに・・不思議。
お乳の製造自体が減っていってるんだろうな。
でも、そうなってくると、今度は胸が垂れてこないか心配
ちょっと運動しておかないと


i.png


今日はずっと書こう書こうと思っていたRioのおへその話を。
この記事でもチラッと触れてました。

Rioのへその緒が取れたのは生後8日。
家でポロッと取れました。
(消毒は生後17日まで)

そのときの記念写真がコレ




全身サイズがわかりやすい写真はコレ
帝王切開で2669gで生まれたから、ちいさいのはちいさいんだけど・・
今、振り返ってこうして写真を見てみると、ほんとにちっちゃいなぁ
っていうか、おおきくなった

PB085002.jpg


で、問題はその後。
1ヶ月健診のときは「ちょっとでべそ・・」くらいで相談して、
「ピンポン玉くらいになる子もいるよ」って、そんなに心配ないように言われ、
そっかぁ・・くらいで思っていたら、
あっという間に、こんな状態に

生後1ヶ月半。

DSC_0373.jpg

メジャーを持ってるのは主人の手で、Rioのヘソの大きさはちょうど3センチくらい。
このときがピーク。

わたしたち夫婦の心労もピーク
吐き戻しはひどいし、乳児湿疹もひどいしで

予防接種で通ってる開業医の小児科の先生には、
(でべそを押さえておく処置とか、ネットとかで調べるとあるみたいだけど)
「特に何もしなくていい」って言われたものの、
この頃はギャン泣きする度に、
原因がこのおへそにあるんじゃないのか、
本人に痛みはないって言うけど、
不快感があるんじゃないかとか、
答えの出ないことに、すごく悩んで苦しんだなー。

特にでべそ(臍ヘルニア)に関しては主人が心配してた

わたしは吐き戻しと湿疹の方が気になってた
何か「してあげられる事」が出来ていない気がして。

開業医の小児科の先生に
「2週間たって、まだ大きくなってるようなら、大学病院への紹介状を書く」
と言われて、その間にしたことは、
オムツをつけるときに、おへそ部分にオムツが当たらないように折り返したことくらい。
それも、誰かにそうした方がいいって、アドバイスをもらったわけではなく、
なんとなく

で、2週間後(生後2ヶ月ちょうど)も大きくなることはなかったけど、
小さくもならなかったから、
大学病院への紹介状が用意してくれることになり、取ってくれた予約は、
それからさらに2週間後くらいの日。
特に急ぐ必要はない、って事で。

その2週間の間に、なんとわたしがヘルペスに
出来上がった紹介状を受け取りに開業医の小児科に行ったときに、
そのことを伝えると、
他の患者さんへの水疱瘡の感染の問題が出てくるから、
大学病院へ行く日はちょっと延期した方が・・ということに

本当ならここでタイミングの悪さに凹むところ
でも、凹まずに済んだのは、Rioのでべそが小さくなってきたから
まず、3センチだったのが2.5センチになって、
さらにどんどん小さくなって、
ついには、おへそは外に出てるものの、一瞬だけ内側に引っ込むときも。

ヘルペスの症状が落ち着いて、感染の心配がなくなったときには、
そんな状態になっていたため、大学病院へ行く話はなくなり

そのまま、結局何もしないまま過ごしたRioの現在のおへそはこんな。

CIMG1279.jpg

まとめると、
生後1ヶ月前からでべそになり始めて、
生後1ヶ月半で直径3センチのピークに。
生後2ヶ月半で小さくなり始めて、
生後3ヶ月でぺしゃんこになって、
現在10ヶ月に至る・・と。

他の子と比べると、やっぱりおかしいおへそなんだと思うけど、
ピンポン玉状態を見たわたしたちからすると、
今のおへそは安心して見ていられる

このまま成長とともにきれいに治まってくれればいいんだけど、
あまりきれいにならないようなら、
5歳くらいまでには手術とかそういうものが必要になるのかも。
自然に治まってほしいなぁ

元気が一番

CIMG1163.jpg
スポンサーサイト
  良かったら「ポチ!」してね★   
にほんブログ村 子育てブログ 2014年4月~15年3月生まれの子へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
育児悩み | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。