FC2ブログ
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  良かったら「ポチ!」してね★   
にほんブログ村 子育てブログ 2014年4月~15年3月生まれの子へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサー広告
2014/06/04.Wed

切迫流産の危機

少し更新が滞ってしまいました。
というのも、14週の検診の際に、
切迫流産と言われてしまい、
現在実家で安静中…。

まだ慣れないスマホで、
絵文字も写真もうまく入れられない…けど、
良かったら読んでやってください。



5,7,9週の検診までは個人病院で
お世話になっていましたが、
11週から大学病院に転院しました。

10年以上前にした子宮内膜症の手術
(今はもう診てもらえない総合病院で当時手術)の際の癒着が激しく、その後、定期的に経過を診てもらっていた上記の個人病院では初めて行ったときから「経過を診ることはうちでもできるけど、癒着の状態を考えると、これから先に妊娠して、出産するときには色んなことを想定して大きな総合病院でしたほうがいい」と言われていました。
それから10年以上、その個人病院で経過を診てもらい、
その間は悪化することもなく、
先生もサバサバしていて良い病院だったから、
出来ればそこで出産したかったんだけど…
万が一のことを考えると、
病院にも迷惑をかけるし、そうも言っていられず、
今回の妊娠を期に、病院からも再度、転院を勧められました。
紹介状を書いてもらって11,14週は大学病院へ。

さすが大学病院。
予約していても4時間待ち。
問題の先日(5月23日)14週の検診も
4時間近く待っていて。
何度目かのトイレにたったとき。
トイレで出血に気づいた。
妊娠してから、はじめてのこと。
これは先生に言わないと(>_<)
待ち合いに戻ると間もなく呼ばれて、
内診してもらったら(今までも毎回内診)、
やっぱり出血してるって。
この時期の出血は良くない、と
「旦那さんと二人暮らし?」
「安静に出来る環境じゃないなら、実家に帰るか、入院か…」と言われ。
“安静”の程度がわからなくて、
洗濯や掃除がダメなのか聞くと、
「もちろんダメ。横になってて」。
じゃあ、家で座ってゆっくりしてるって感じですか、と聞くも
「横になって、寝ていて」と。
だんだん事態を把握してきて、
「仕事もダメってことですよね」とつぶやくと、
「切迫流産で診断書、用意するからね。3週間、安静にしてて」って。
そのときに自分が切迫流産の危機にあるんだって、認識。。

3週間ってその期間の長さにまたびっくり。
胎盤が下がっていて、剥がれかかっているのが、今のわたしの状態のよう。
わたしとベビたんを繋いでいる胎盤が…。

止血するための「アドナ錠30㎎」(1日3回 毎食後)、
子宮の収縮を抑える&流産防止の「ウテメリン錠5㎎」(1日2回 朝夕食後)を
3週間分、処方されました。
「アドナ錠」のほうは出血がとまったら、
飲むのをやめて良いとのこと。
ただ、2、3日様子を見て、悪化しているようなら、
病院に連絡して、と。

ベビたん自身はいたって元気で、大きさも普通。

前回した血液検査の結果も、子宮がん検診の結果も異常なし。

気になっていた腹囲も、
(妊娠3ヶ月くらいから早くも大きくなってきていて、
立った状態で一番太いおへその辺りを
自分で測ってみると83センチ!)、
全然気にしなくて良いと笑われてしまった。

出血してしまったこと以外は、何も問題なかったのに。

ということで、実家でひたすら安静中。
愛犬るかも一緒にまったりの日々です。


スポンサーサイト
  良かったら「ポチ!」してね★   
にほんブログ村 子育てブログ 2014年4月~15年3月生まれの子へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
妊娠初期 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。